カバディ パ紋
カバディ パ紋

Twitterはこちら!

 

Facebookはこちら!

 

ソーシャルメディアで共有↓>

Twitterボタン

2011年

12月

16日

ドーピング

今日は日本アンチ・ドーピング機構(JADA)主催の、ドーピング防止研修会に出席しました。

国内のドーピング防止に関する教育・啓発を目的に、最新情報を提供していただきました。

 

日本は、悪意のあるドーピングはほとんどありません。

しかし、いわゆる「うっかりドーピング」の例がいくつかあります。

 

ドーピングをしてしまうと、知らなかったでは済まされない、厳格な処罰を受けることになります。

 

たとえば、メダルや競技記録の失効はもちろん、長ければ数年間の出場停止処分にもなります。

そうならない為にも、薬を使用するときは専門家に相談するなどを徹底する必要があります。

 

協会としても、指導者・選手にきちんと教育・啓発していかなければなりません。

大会でもパンフレットを配布しておりますので、みなさん一度じっくり読んでみてください!