ルール説明

カバディは鬼ごっことドッジボールが融合したような独自のルールを持つスポーツです。

 文字で学ぶより、まずは動画を見ていただくのが一番分かりやすいと思います。

 

 

A.用語の定義

B.競技規則

C.試合規則

 

A.用語の定義

1. グラウンド

マット 

世界では国際大会、日本では代表練習や一部の団体が練習で使用。

基本的にテコンドーマットが使われている。

 

体育館 

世界でも、日本でも、代表クラス以外の練習、大会にて使用。

 

地面 

世界でも、日本でも、代表クラス以外の練習、大会にて使用。

 

2.コート

マット

縦13m(12m)、横10m(8m) 

ミッドライン

コートを二分するライン

ボークライン

ミッドラインから3.75m(3m)のライン

ボーナスライン

ミッドラインから4.75m(4m)のライン

ロビー

インサイドライン、アウトサイドライン、エンドラインに囲まれた、縦13m(12m)、横1mの帯状の部分

 ※ ( )は女子コートの数値。

 

3.キャント
途中で息継ぎすること無しに、絶えることなく「カバディ」という単語を繰り返すこと。

※あくまでこれは名目上のルールであり、実際には軽く息継ぎしながらキャントします。

熟練者は素早く動きながらでも、ゆっくりと一定のリズムで乱れることなく途切れないようキャントすることができます。

4.レイド、レイダー
キャントを唱え続けながら相手コートに入って攻撃することをレイドといい、攻撃する選手をレイダーという。

5.アンティ
攻撃を受けているチーム、選手。

6.タッチ
レイダーとアンティのお互いの身体(衣服、靴、他の着用品含む)が接触すること。

7.キャッチ、キャッチング
アンティがレイダーの四肢、胴を捕らえ、自陣に戻れなくすること。

8.ストラグル
タッチから、レイダーが自陣に戻るか、またはアウトになるまでの状態。

ストラグル前は、レイダー、アンティともロビーは使えない。

ストラグル中は、レイダー、アンティともロビーの使用が可能となる。

9.ボークラインを超える
レイダーが敵陣コートのミッドラインとボークラインの間に身体のどこも触れていない状態で、敵陣コートのボークラインとボーナスラインの間に接触すること。

10.ボーナスラインを超える
レイダーが敵陣コートのミッドラインとボーナスラインの間に身体のどこも触れていない状態で、敵陣コートのボーナスラインとエンドラインの間に接触すること。

           

B.競技規則

1.先攻後攻
コイントスで勝ったチームが、コートかレイドの選択権を持つ。
前半終了時にコートをチェンジし、後半開始は前半終了時と同じ選手で行われる。
レイドは、前半開始時にレイドを送らなかったチームからとなる。

 

2.試合開始、5秒ルール
レイド権を得たチームは、審判の試合開始の笛の合図より5秒以内にレイダーを送らなければならない。

遅れた場合、相手チームにテクニカルポイント(TP)1点を与え、レイドをやり直す。

 

3.レイド
レイドは1回につき1人、チーム交互に行う。

レイダーはコート内の選手、誰がなっても良い。

1回に2人以上のレイダーが相手コートに入った場合、相手チームにテクニカルポイント(TP)1点を与え、レイドをやり直す。

 

4.キャント、キャントアウト
レイダーは相手チームのコートに触れる前から、自陣コートに戻るまでの間、キャントを唱え続けなければならない。

キャントを唱えない、不明瞭、明らかな息継ぎをした場合、キャントアウトとなり、シッティングブロックで待機。

相手チームに1点が入る。

 

5.指示の禁止
レイダーは味方側から、いかなる方法であれ、指示を受けてはならない

 

6.ラインアウト
競技中に選手の体の一部が、コート外の地面に触れると、直ちにラインアウトとなりシッティングブロックで待機。

ラインアウトの人数に応じて相手チームに得点が入る。

 

7.ロビー
ストラグルが始まると、使用できるコートは、ロビーを含む大きさに拡大される。

 

8.レイドによる得点
レイダーがアンティにタッチし,自陣に戻った場合、タッチされたアンティはアウトとなり、シッティングブロックで待機。

アウトの人数がレイド側の得点となる。
レイダーは指一本でも自陣コートに触れれば良い。

 

9.アンティによる得点
アンティがレイダーをキャッチした場合、レイダーはアウトとなり、シッティングブロックで待機。アンティ側に1点が入る。

 

10.ボークライン
レイダーが敵陣コートのボークラインを一度も超えず、相手選手にタッチすることも無しに自陣コートに戻った場合、レイダーはアウトとなり、シッティングブロックで待機。
アンティ側に1点が入る。

 

11.ボーナスライン
アンティが6人以上、コートにいる場合に限り、適用される。
レイダーがストラグルになる前にボーナスラインを超えた場合、ボーナスポイントとして1点がレイド側に入る。
怪我により一時的にコートを離れ、アンティが6人より少なくなっても、その選手を加えた時、アンティが6人であれば、ボーナスラインは適用される。

 

12.追いかけ
レイダーがキャッチングから逃れ自陣コートに戻った場合、相手チームのレイダーはこのレイダーを直接追いかけることは出来ない。

レイダーがタッチしただけで自陣コートに戻った場合は、相手チームのレイダーはこのレイダーを直接追いかけることが出来る。

 

13.味方の得点による、コート内への復活
シッティングブロックで待機中の選手は味方の得点により、コートに復活できる。
復活出来るのは、1得点につき、1人である。
但し、ボーナスポイントによる復活は無い。

 

14.ローナ
一方のチームの選手全てがアウトになった状態をローナという。
相手チームに2点を与え、全員が復活できる。
  
15.宣告によるローナ
一方のチームのコート内の選手が2人以下になった場合、そのチームのキャプテンはローナを宣告することが出来る。
コート内にいる人数分の得点とローナによる2点を相手チームに与え、全員が復活できる。

 

16.反則行為
・アンティがレイダーのキャントを止めようとする。
・アンティがレイダーの四肢、胴以外を捕らえる。
・相手選手をコート外に押し出したり、引き出したりする。
・その他、暴力行為。
上記のような行為を受けた選手はアウトにならず、行った選手がアウトとなる。
程度により、警告・懲罰点・選手退場・チーム失格の対象となる。

 

17.スーパータックル

本来アンティではレイダーを捕まえても1点しか獲得できないが、アンティが3人以下の場合に限り、レイダーをアウトにさせると2点獲得となり、そのプレーをスーパータックルという。

なお、スーパータックルは2点獲得できるがアンティ側がシッティングブロックからコートに復帰する人数は1人である。

 

18.サードレイド

得点移動のないレイドが2回続いたチームは、3回目のレイドがサードレイドとなる。

サードレイドで得点ができなかった場合、レイダーはレイドアウトとなりアンティ側の得点となる。

ちなみに、レイダーが得点をするかレイドアウトになった際、レイドの回数はリセットされ、また1回目からカウントが始まる。

 

19.ファイブレイド

試合終了時に同点だった場合にファイブレイドとなる。

サッカーのPK戦をイメージしていただくと分かりやすい。

両チーム5人ずつレイドに行く選手を決め、5回ずつ交互に攻撃をする。

アンティはチーム全員が守りにつき(最大7人)、ファイブレイド中に人数の増減はない。

ファイブレイド時は通常のタッチでの得点に加え、ボークラインを越えた時点で1点獲得となる。

つまり必然的にアンティはボークラインの前でアンティすることになり、レイドでの点が入りやすい状況となる。

全ての攻撃を終えて得点の多いチームが勝利となる。

 

 

           

C.試合規則

1.人数
1チーム7人の選手が同時にコートに入ることが出来る。試合は1チーム5人以上で成立するが、全員がアウトとなった場合、不足している人数分もローナとして数えられる。

 

2.試合時間
試合時間は、男子−前後半各20分、休憩5分。女子−前後半各15分、休憩3~5分。

 

3.体重制限
男子85kg以下 女子75kg以下。

 

4.勝敗
試合終了時に得点の多いチームが勝者となる。

 

5.タイムアウト

□テクニカルタイムアウト
 1回30秒のタイムアウトを、各チーム、前後半、各2回まで取ることが出来る。
メディカルタイムアウト
 怪我人が出た場合、応急処置の上、試合続行か否かを判断するタイムアウト
ジャッジングタイムアウト
 判定の審議のためのタイムアウト

 

タイムアウトの間、選手はレフェリーの許可無しに、コートを出入りしてはいけない。

6.選手交代
ハーフタイム時、または、自チームから宣誓したタイムアウト時に、選手交代を出来る。
コート内にいる選手全てを一度に代えることが出来る。一度ベンチに戻した選手も再びコートに戻すことが出来る。

1チーム、1試合につき、5回の機会がある。

 

7.服装
各チームの選手は統一されたユニフォーム(半袖シャツ,短パン)を着用しなくてはいけない。
ユニフォームの上衣には、番号を明瞭に書かなくてはいけない。
危険な突起物の無いシューズ類は、必要であれば用いても良い。

 

8.反則行為
・ドーピング。
・身体にオイルなどを塗る。
・金属類やガラス類を身に着ける。
・爪を長く伸ばす。