カバディ パ紋
カバディ パ紋

Twitterはこちら!

 

Facebookはこちら!

 

ソーシャルメディアで共有↓>

Twitterボタン

カバディの歴史

カバディは、インド、パキスタン、バングラデシュなど南アジア諸国で数千年の歴史を持つ、伝統ある国技として親しまれてきたスポーツです。

 

紀元前、獣に対し武器を持たずに多彩なテクニックを用いて数人で囲み、声を掛けながら捕らえるという遊戯性の高い狩猟方法が存在しました。この武器を持たずに戦う技術、獣の襲撃から身を守る方法が、やがてスポーツとして成熟し、カバディが生まれたのです。


インドの二大叙事詩の一つ「マハーバーラタ(戦記)」に“主人公の息子がクル戦争で七人の敵に囲まれ、突破しようと試みるが力尽きる”という記述があ り、それに基づいて、一人のレイダー(攻撃手)と七人のアンティ(守備側)でプレーするルールの基本が定められました。

 

現在、僅かな広さのコートで行われるカバディも、以前は境界線の設けられていない大地を思い切り走り回り、レイダーも息の続く限り大きな声を出し、追い続けたこともあったようです。


19世紀よりルールの整理が行われ、20世紀にインドのガンジー、ノーベル文学賞受賞者タゴール、ネルー首相などの熱い応援により、全面的な組織作りが行われました。
  1980年に、第1回アジアカバディ選手権大会が開催され、1990年、北京にて開催の第11回アジア競技大会(通称:アジアオリンピック)において正式種目となりました。

 

現在では、インド、パキスタン、バングラデシュ、スリランカ、ネパール、イラン、タイ、マレーシア、シンガポール、ブータン、モルジブ、ラオス、インド ネシア、アフガニスタン、トルクメニスタン、キルギスタン、中国、韓国、日本のアジア各国に加え、イングランド、イタリア、ドイツ、カナダ、アメリカ、西インド諸島、オーストラリアと、欧米諸国にも拡がりをみせています。

 

日本国内では、1989年から、全日本カバディ選手権大会を始め、学生選手権大会、西日本大会など1年に数回、大きな大会が開催されるようになりました。